訪問看護師を目指している方へ

訪問看護の魅力

ご利用者様とそのご家族、訪問看護師と協働する方々からの声を集めてみました。

ご利用者の声

  • 退院後の自宅での過ごし方、どのような生活を送りたいのかを聞いてくださり、訪問看護でどのようなことをしてくれるのか説明をしてくれました。安心してお任せしています。
  • 肺炎で入院したことがあります。訪問看護師さんが来て、手洗いやうがい、マスクを着用する、食事や水分の取り方などを丁寧に指導してくださいます。指導いただいたことをきちんとするようになって、肺炎もおこさず、からだの調子もよくなりました。
  • 便秘症で便が出ない為に苦しかった。訪問看護師さんが定期的に訪問して出してくれたり、食事や内服薬の飲み方を詳しく教えてくれたので身体が楽になりました。食事が美味しく食べられます。
  • 人工肛門の手術を受けて退院しました。一人暮らしなので入院中に指導を受けたのですが、心配でした。訪問看護師さんが定期的に交換の手伝いに来てくれたり、困ったときに連絡すると対応してくれるので安心です。
  • 在宅酸素を使うようになってから何もする気になれませんでしたが、訪問看護師さんが来て、呼吸リハビリや足の運動を教えてもらってから体調が良いし、訪問日が楽しみです。
  • 癌の末期です。どうしても自宅で過したいと退院して来ました。点滴や麻薬を使っています。
    訪問看護師さんが毎日訪問してくれるし、心配な時はいつでも連絡できるので安心です。最期まで家にいたいと思っています。
  • 訪問看護で人工肛門の処置をしてもらっています。朝から訪問看護師さんが来るのを待つようになりました。引き込もりがちだった毎日でしたが、外出する気持ちになり、ありがたく思っています。

ご家族の声

  • 寝たきりの父に褥創が出来ました。段々と悪くなり、かかりつけのお医者さんの紹介で訪問看護師さんが来て処置や指導をしていただきました。治るまでに時間はかかりましたが、入院することもなく、感謝しています。
  • 老夫婦2人で生活しています。夫はリハビリを訪問看護師さんと一緒に楽しそうに行っています。私も一緒に体操しています。毎週が楽しみです。
  • お医者さんには聞けないことや病気のことでわからないことを訪問看護師さんになら気軽に相談できます。家で介護していても安心して過ごせます。
  • 癌の末期の夫を最期まで在宅で看ました。痛みが強く、そのたびに訪問看護師さんに相談して丁寧な対応をしていただくことができ、心強かったです。夫の望み通り、自宅で穏やかな日々を過ごし、自宅で看取ることができたことに満足しています。
  • 認知症が進んだ母を看ながら不安になる毎日です。しかし、訪問看護師さんに対応方法を教えていただいたり、私の話をじっくりと聞いてもらえ、救われています。これからもがんばって介護していこうという気持ちになれます。

ケアマネジャーからの声

  • 介護サービスになかなかつながらず、介護者である夫が疲れきっていました。訪問看護師さんの訪問は拒否なく受け入れてもらえ、その後は訪問介護やデイサービスの利用などにつながり、在宅療養が続けられています。
  • 24時間緊急体制の訪問看護ステ-ションを利用することで、直ぐに救急車を呼んでいた利用者が落ち着いてきました。心身ともに安定して生活できるようになりました。
  • 在宅で看取り希望の利用者さんに訪問看護を依頼しました。手際よく訪問して暖かく看護していただき、最期まで自宅で過すことが出来ました。ご家族も満足されていました。
  • おひとり暮らしの高齢の利用者さんから、「訪問看護師さんが来てくれて、便通の相談や薬の飲み方、毎日の過ごし方などを教えてもらい、安心して生活できるようになった。」と言われました。
  • 医療処置の多い利用者の方に訪問看護を提供してもらうことで、安全な在宅生活が確保できています。主治医との連携もよくとってもらって助かっています。

サービス事業者からの声

  • お一人暮らしの高齢の利用者さんが医者嫌いで、通院を拒否しています。ヘルパーとして薬や食事、体調の変化が心配でしたが、訪問看護師さんの訪問で調整し、私達にも指導してくれるので安心です。
  • 認知症でデイサ-ビス中心のご利用でしたが、訪問看護師さんから自宅での様子や家族情報を確認できます。訪問看護と連携できるようになり助かっています。
  • 転倒しやすい利用者さんの体の動かし方、足の踏み出し方など、転倒予防のためのリハビリについて訪問看護師さんに丁寧に指導していただきました。安心して訪問介護ができるようになりました。
  • 認知症高齢者の過ごすグループホームに定期的に訪問看護師さんに来てもらい、入居者の健康管理の仕方への指導をいただいています。職員が自信を持って入居者に関わることができるようになりました。
  • ヘルパーが吸引指導を訪問看護師から受けました。利用者宅で実技が出来たので良かったです。

医療関係者からの声

  • 医療依存度が高かったり、病状が不安定な重度の患者さんに退院前から病院に来て調整してくれ、24時間緊急訪問可能なステ-ションにつなげることで、安心して退院される患者が増えてきました。(病院看護師)
  • 内服薬の服薬管理や食事の管理を訪問看護師に行ってもらうことで、糖尿病の悪化を防ぐことが出来ました。(主治医)
  • 自宅療養の様子や病状変化時に訪問時の状態報告をしてもらうことで、直ぐに指示を出すことができ、患者の入院頻度が少なくなりました。(主治医)
  • 患者さんの痛みやだるさなどの訴えや状態の変化などを細かく医師に連絡してもらえました。ご自宅での看取りのあと、ご家族が「訪問看護師さんが細やかに丁寧に対応いただいた。」と感謝していました。(診療所看護師)
  • 退院後も酸素の必要な患者さんがとても不安そうにしていましたが、退院までにご自宅での酸素を使った生活について丁寧に説明をしていただきました。患者さんもご家族も安心して退院することができました。(医療ソーシャルワーカー)